FC2ブログ
Top Page > スポンサー広告 > 【お品書き】第二十五回文学フリマ東京に参加します(11/23祝)お知らせ > 【お品書き】第二十五回文学フリマ東京に参加します(11/23祝)
とぎれない、いつか : 通販  発行物一覧   音楽   表紙
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11.09 Thu

【お品書き】第二十五回文学フリマ東京に参加します(11/23祝)


 11/23(祝)、東京流通センター第二展示場にて開催される第二十五回文学フリマ東京にサークル参加いたします。実は東京のイベントに直参するのは今年は初めてなのです。今年は静岡、前橋、札幌と遠方にばかり足を運んでいました。1年ぶりの文フリ東京、久しぶりの規模のイベントなので、不安もありますがとても楽しみです。
 新刊は2種類用意しました。参加される皆さま、よろしくお願い致します!お気軽にお立ち寄りいただければ幸いです。

サークル名:とぎれない、いつか
ブースNo:C-19
Webカタログ:https://c.bunfree.net/c/tokyo25/1F/C/19

 お品書きは以下の通りです。

■新刊

文フリ東京新刊


01:『名前のない、』 【現代|日常|ふたり】 → 詳細+本文サンプル

小説|A6|114頁|500円

 引っ越してきた街の公園、窓が開けられないアパート、初めて訪れる店……道はあらゆる場所で交差して、そこで彼らはおもいと言葉を交わし始める。
 当り前の日々における人と人の「縁」を描いた、全6編の短編作品集。

 *

 新刊その①は、「縁」をテーマに描いた短編集です。アンソロやWeb企画に参加させていただいた作品の改訂版および書下ろし作品を収録しています。現在手に入る短編集には『とぎれない、いつか』と『aether』がありますが、そのどちらとも毛色が違う短編集になっていると思います。具体的には、森瀬の代名詞とも言える男子高校生が中心の作品がひとつしかありません。
 ぜひとも、新しい森瀬作品に触れていただけると嬉しいです。

02:『四季巡り』 【現代|日常|男子高校生】 → 詳細+本文サンプル

小説|B6|24頁|300円

 新刊その②は、「四季」と「花」をテーマに4組の男子高校生ふたりの日常を描いた掌編集です。小説と詩を融合させたようなスタイルの、1,000~2,000字の短いお話になります。こちらはいつも通り、安心安定の男子高校生です。
 また、本文用紙がNTラシャあいに白印刷という少し変わった仕様になっております。ぜひとも実物を見にきてやってくださいませ!

■既刊

文フリ東京既刊①


01:『とぎれない、いつか』 【現代|日常|男子高校生】 → 詳細+本文サンプル

小説|A6|172頁|500円

 死んだクラスメイトから手紙が届いた。1日1通、旅先から投函されてくる手紙には、彼の旅行記が綴られていた。

 「旅立ち」をテーマに、5組の男子高校生ふたりを描いた短編作品集。
 彼らは始めから、3年間という定められた期限の中で息をしている。

 *

 7月に発行した準新刊です。文フリ東京では初頒布となります。「旅立ち」をテーマに描いた全5編の短編集です。5組の男子高校生ふたりが、それぞれ【過去|新江ノ島水族館|能登半島|高野山|未来】へと旅をしています。彼らは旅先で一体何を目の当たりにし、何を思うのでしょう。そしてサークル名と同じ、『とぎれない、いつか』という表題が何を意味しているのか。
 ぜひとも本をお手に取って、彼らの旅を一緒にお楽しみいただければ幸いです。


02:『aether(エーテル)』 【現代|日常|高校生】 → 詳細+本文サンプル

小説|A6|382頁|800円

 歩行者が落とした鍵を拾った高校生、近所に引っ越してきた陰気な少年、同じバイト先で働く先輩後輩……。人と人の間に横たわる距離感、その空白を「エーテル」にたとえ、高校生を中心に様々な「ふたり」という関係性に焦点を当てた短編作品集。

 *

 全10編、382ページという厚みですが、読切の短編小説をガッツリ楽しみたい方にはオススメです!収録作「星の見えない望遠鏡」は、ありがたくも推薦をいただき、「文学フリマガイドブック2017年号」に掲載されております。


文フリ東京既刊②


03:『独りの青』 【男子高校生|シリアス|ミステリ風】 → 詳細+本文サンプル

小説|A6|168頁|500円

 ある日突然、廃ビルの屋上から転落死したクラスメイトの高橋。彼は多くの同級生たちから好かれていたため、ホームルーム前の教室は大変な騒ぎになっていた。
 高橋の死をめぐって翻弄される、男子高校生ふたりの「共犯者」を描いた全4話のオムニバス。

04:『underblue』 【音楽CD|全4曲|紙ジャケット】 → 詳細+試聴

CD|全4曲|500円

 札幌を拠点に作曲家、シンガーソングライター、グラフィックデザイナーとして活動しているコニシユカ(http://note.metrodelica.com/)制作、森瀬ユウ著『独りの青』のイメージアルバム。

 *

 拙著『独りの青』を読んで気に入ってくださった友人のコニシユカさんが、なんと、イメージアルバムを制作してくださりました!文フリ東京では初頒布となります。美しいピアノの旋律と歌声は必聴です。どうか、原作小説となる『独りの青』と一緒にお手に取ってください。後悔はさせません!
 『underblue』はyoutubeで視聴ができます。一度聴いてみていただけると嬉しいです。



 ***

 今回はいつもお世話になっているオカワダアキナさんと隣接配置です。お誘いをしたら快く受け入れてくださり、大変感謝しております。ありがとう御座います!「とぎれない、ザネリ」として合同サークルで出店した文フリ前橋を思い出して、とてもわくわくいたします~!

 また、今回の文フリ東京を最後に当サークルは活動を終了いたします。「とぎれない、いつか」として皆さまにお目にかかれる最後の機会です。ご縁がありましたら、何卒よろしくお願いいたします!東京でお会いできたら嬉しいです!精一杯楽しむぞ~!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。