FC2ブログ
Top Page > スポンサー広告 > 2017年7月、札幌の夏|『独りの青』と『underblue』について雑記 > 2017年7月、札幌の夏|『独りの青』と『underblue』について
とぎれない、いつか : 通販  発行物一覧   音楽   表紙
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07.12 Wed

2017年7月、札幌の夏|『独りの青』と『underblue』について


 突然ですが、森瀬ユウの既刊のひとつに『独りの青』という作品があります。ちょうど4年前の7月に発表をした、中編1編+掌編3編のミステリ風のオムニバス小説です。

 当時、サークル活動をしておらず、イベントにも参加していなかったわたしは、個人サイトを通じて知り合ったごく僅かな友人・知人のうち、興味を持ってくださった方にのみお譲りするという形で、制作した本を頒布していました。その時にこの『独りの青』を真っ先に手に取ってくださったのが、今では十年来の友人となったコニシユカさんでした。彼女は当時から札幌を拠点とし、作詞・作曲・編曲等の音楽活動を行っていました。また、今年の2月に発表した作品集『夜空のある街』に、観察眼鋭い解説をお寄せくださった方でもあります。
 コニシさんに本を送ってから数日後、ひとつの音楽データがわたしの手元に届きました。「missing blue」と題されたそれは、彼女が『独りの青』を読んで降ってきたという鍵盤の音が記された、ワンコーラスのピアノ曲でした。とある登場人物の心情に寄り添って歌われたその詞と旋律は哀しくもとても美しいもので、わたしは柄にもなくひとりで大泣きしたことを今でもよく覚えています。

 それから3年半の月日が経った2016年12月の中旬、東京での初ワンマンライブを終えたばかりのコニシユカさんから、「4周年となる来年の7月を目途に、『独りの青』のイメージアルバムを作らせて欲しい」という打診を頂戴しました。特に断る理由のないわたしは嬉しさに舞い上がり、ふたつ返事で彼女の提案を受け入れました。しかしその時『独りの青』は在庫切れによる絶版状態となっていました。そしてその打診の数日前にわたしの手元にあった最後の1冊を手にしていたのが、奇しくもコニシさん本人だったのです。『独りの青』という作品をこの世で最初に手に入れたのが彼女で、最後に手に取ったのも彼女であるならば、きっとそれがこの本の運命だったのだろう、と。イベント参加をするにあたって一度増刷していたということもあり、わたしは当時、『独りの青』という本を再版することにあまり積極的ではありませんでした。

 その考えが覆ったのが2017年2月の上旬。旅先に向かう新幹線の中でたまたま眺めていたTwitterのTLで、第二回文学フリマ札幌が2017年7月9日に開催され、その出店者募集が間もなく始まることを知りました。文フリ札幌の開催自体は随分と前から告知されていましたが、自分には縁のないものとしてそれまで全く意識をしていませんでした。しかしその時はどうしたわけか天啓に導かれたような衝撃を受けて、すぐにコニシユカさんに連絡を取りました。

 7月9日に札幌で文学フリマが開催される。7月にイメージアルバムを出すのなら、一緒にこの文学フリマに参加しないか。そこでわたしは『独りの青』を再版するから。と。

 すぐに彼女から快諾の返信が届きました。さらにその日のうちに、文フリ札幌の前日となる7月8日にイメージアルバムのレコ発ワンマンライブが開催されることが決定しました。
 こうして、わたしと彼女は約半年後となるレコ発ワンマンと文フリ札幌に向けて、それぞれ水面下で準備を始めることとなったのです。

 前置きが非常に長くなりましたが、以上のような経緯で、わたしは2017年7月の3日間を札幌の夏に捧げてきました。
 以下、文フリ札幌のレポを含めた7/8-7/10の旅行記となります。


■1日目(7月8日)

 わたしが北海道に行くのは今回が人生で3回目です。しかし過去2回とも小樽を訪れているにも関わらず、そういえば一度もおたる水族館に行ったことがないぞ!ということに気がつき、予定が空いていた初日の午前~夕方まではおたる水族館を訪れることにしました。
 おたる水族館にはわたしの推しのサケビクニンが大量に飼育されておりまして。おたる水族館、森瀬の聖地認定しました。よく晴れた良い天気で、空も海もとても青くて気持ちがよかったです。

 小樽を辞した後は、コニシユカさんのワンマンライブが行われる札幌へ。

 この日のワンマンが『underblue』というタイトルが冠されることになったイメージアルバムのお披露目の場であったのですが、わたしは原作者特権として、ワンマンの2日前にマスターアップした音源をコニシさんから受け取っていました。それまでにもいくつかの曲のデモ版を聴かせてもらってはいたものの、完成したアルバムを通して聴くのはその日が初めてで、わたしはそのあまりの美しさに感動してしばらく涙が止まりませんでした。
 その日の夜は、『underblue』をBGMに、久しぶりに自分の『独りの青』という小説を読み返しました。この小説はわたしが長年ずっと悩み、考え続けていたことに対するひとつの答えのような作品で、4年前の夏、熱に浮かされながら一気に書き上げたものです。今となっては非常に未熟で尖った内容ではあるのですが、それでも4年経った今でも非常に大切な小説であることを、その日改めて実感することが出来ました。

 さて、札幌でのレコ発ワンマン。札幌にコニシさん以外の知り合いがいないわたしは、1人でライブ鑑賞をするつもりでいました。しかしTwitterでライブの告知をしていたところ、翌日の文フリ札幌に参加される孤伏澤つたゐさんと志月さんから「ライブに行ってみたい」とのお声掛けをいただきました。コニシユカはわたしの友人であるのと同時に、大好きな作家のひとりでもあるので、彼女の歌に興味を持っていただけたこと、そして記念すべきライブを一緒に見届けてもらえたことが本当に嬉しかったです。つたゐさん、志月さん、お付き合いくださりありがとう御座いました。

 ワンマンライブは2部構成。第1部がコニシユカさんがギターボーカルを務める「ここちあ」というバンドの演奏、そして第2部が『underblue』のお披露目を含めた彼女ひとりの弾き語りの舞台でした。

 わたしは過去に2度彼女の東京ワンマンに参加しているのですが、バンド演奏を観たのはこの日が初めてで、とても新鮮でした。彼女が札幌で信頼できる音楽活動の仲間と出会い、一緒に演奏をしている姿を目の当たりに出来たことが嬉しくもありました。第1部は完全に保護者参観のような気持ちでしたね……何だか彼女が遠いところに行ってしまったような一抹の寂しさと、けれどもそれを吹き飛ばすくらいの安心感。遠くて殆ど行くことの出来ない札幌のライブですが、きっとこうして様々な人たちに囲まれながら過ごしているのだろうと、わたし自身が元気付けられたような気がしました。

 第2部は『underblue』に収録されている1曲目、「青の底に眠る」の美しいピアノの旋律から始まりました。普段、コニシユカさんはギターの弾き語りでライブ活動をしています。しかし、今回のイメージアルバム『underblue』は全編ピアノ曲。恐らく今までのコニシユカさんを知っている札幌のお客さんたちは、皆さん驚いたことでしょう。
 そしてもうひとつ、この『underblue』には今まで彼女がコニシユカとして発表してきたたくさんの曲とは決定的な違いがありました。それは低い歌のトーンと彼女の歌い方です。わたし自身は彼女がコニシユカという名義で音楽活動を始める前からの友人で、何度も一緒にカラオケに行ったり、詩と音のコラボ制作をさせていただいたりしたことがあるため、彼女の「本来の声」を知っています。しかし彼女はコニシユカ名義で活動を始める際に、これは当日のライブの中でも語られたことではあるのですが、彼女なりの理由と決意からその「本来の声」を封印してしまっていました。その封印を今回、『underblue』のために解いていただいたのです。
 ワンマンライブの約1週間前、制作を進めていた彼女から「どちらがいいか、意見が欲しい」と2種類のデモ曲が送られてきました。ひとつは彼女の「本来の声」で歌われた音源、もうひとつはいつも通りの「コニシユカの声」で歌われた音源。「後者のほうが自分はいいと思っているのだけれど、」と。しかしわたしは彼女の意に反して前者の曲を選びました。これは両方の声を知っている人にしか分からないことではあるのですが、低めで少し掠れ気味の、けれども非常に伸びやかで聴く者の魂を揺さぶるような彼女の「本来の声」のほうが、わたしは絶対に「『独りの青』のイメージアルバム」に相応しいと感じていました。そして何より、わたしは彼女の声が大好きだった。絶対に受け入れられるべきだし、出来るだけ多くの人にその良さと美しさを知って欲しいと思っていた。だから、我儘を承知で、「本来の声」で歌って欲しいとお願いをしました。完成した『underblue』とワンマンの演奏が、彼女が出してくれた答えです。
 ワンマンで演奏された4曲のすべてを聴いて、すでにもう何度目になるか分からない涙を流しました。『独りの青』という物語の中で、登場人物たちが見ていた空の青、夕陽の赤、そして彼らが抱える苦しみや葛藤、その結論を、ひとつのピアノの旋律と声で見事に表現した、この上なく哀しくて美しい曲たちだと思います。
 わたしは直接お客さんの声を聞ける立場ではないので分かりませんが、ライブ後の雰囲気や彼女の様子から、きっと『underblue』はその場にいた多くの方々に受け入れられたのだろうと感じました。また、ライブの物販に再版した『独りの青』を置かせていただいていたのですが、曲を聴いて興味を持ち、手に取ってくださった方がたくさんいらっしゃったようで、とても嬉しかったです。

 コニシさん、この度は最後まで一緒に戦ってくれてありがとう。何度、どんな言葉で表現しても足りない気がしてもどかしいのですが、貴女に『独りの青』という作品を読んでもらえたこと、イメージアルバムを制作してもらえたこと、とても嬉しく光栄に思います。自分の作品を受けて、全く別の新しい作品が誕生する。4年間という月日を経て、あの時と同じ7月の夏に。わたしはそれを奇跡だと思っています。『独りの青』が絶版になった時、「私が布教するから、もう一度刷って!」そう言って背中を押してくれた貴女の言葉と熱意、そして第二回文学フリマ札幌の開催という不思議なめぐり合わせに勇気付けられて、こうして再び『独りの青』を世に出すことが出来ました。受け取った『underblue』と一緒に、大切に大切に頒布していくつもりです。本当にありがとう。

 コニシユカさんの『underblue』はYoutubeに試聴動画が上がっています。ぜひ、ご覧くださいませ。





■2日目(7月9日)

 この日は札幌の夏、第2の目的である文学フリマ札幌でした。
 コニシユカさんと一緒に会場となるさっぽろテレビ塔に向かっていたのですが、イベントへの直参が3月の文フリ前橋以来のことだったので、地下鉄の中でずっと「緊張する、もうやだ、帰りたい、帰りたい……」と呟いていました。わたしは人前に出るのと、人がたくさんいる場所が大の苦手なので、毎度イベントは物凄く緊張してしまうのです。

 さて、今回の文フリ札幌には『独りの青』と『underblue』の他に、短編集『とぎれない、いつか』を新刊として用意していきました。わたしは書くのも読むのも短編が好きです。そして短編集を作るのが好きです。ひとつのテーマを決めてそれに寄り添った短編を執筆し、ひとつひとつの小説だけではなく、「短編集」というひとつの作品を構築することがとても楽しいのです。既述した通り、旅先へと向かう新幹線の中で文フリ札幌への参加が決定したこともあり、『とぎれない、いつか』は「旅立ち」がテーマになっています。お気付きの方もいらっしゃると思いますが、「とぎれない、いつか」は、森瀬ユウのサークル名でもあります。一体この言葉がどんな意味を持っているのか、おそらく、この短編集を読んでいただければ分かるのではないかと思っています。また、この短編集がイベントで発行する最後の本になるので、最後に相応しいものとして、サークル名を冠することに決めました。

 閑話休題。
 文フリ札幌、第一回がかなりの盛況だったという噂を耳にしていたのですが、11時の開場から16時の閉場まで、ひっきりなしに来場者の方がいらっしゃっていたように感じられました。ブースが入り口のほぼ目の前だったので、会場の中の様子はあまりよく分からなかったものの、熱気が入り口からも背後からもひしひしと伝わってきて、非常に暑く、熱い1日でした。差し入れでいただいた冷たい飲料がとても嬉しくありがたかったです……命の飲み物……!

 Twitterで宣伝見ました、見本誌コーナーで立ち読みして気になったので、……など、お声掛けくださる方がいらっしゃってとても嬉しかったです。何も言葉はなくとも、ブースに来てすぐに「これください」とお買い求めくださる方もいて、何処かで何かしらの情報を得てうちのブースに来てくださっているんだろうなあ、と。なんだか不思議な気持ちになりました。わたしはあまり宣伝が上手ではないですし、発信力もそれほど大きくはないので、皆さん一体何処で森瀬ユウの本を見つけてくるんだろうと、純粋な驚きでいっぱいです。しかし自分の作品に興味を持っていただけるということは、本当に光栄なことだと思います。
 一番宣伝に力を入れていた『独りの青』と『underblue』はたくさんの方に手に取っていただけ、新刊の『とぎれない、いつか』は閉場まであと10分というところで持ち込み分がすべて頒布し終わり、非常にありがたかったです。また、『日日是好日』という本がこの文フリ札幌を持って完売となりました。お預かりしていたてきれぼ300字企画のポスカセットもすべてお嫁に出すことが出来たのでほっとしています。ブースにお立ち寄りくださった皆さま、本・CDを手に取ってくださった皆さま、本当にありがとう御座いました。少しでも何かを感じていただければ幸いです。

 そういえば今回、人生で初めて自分の本にサインというものをしました。依頼してくださったのはコニシユカさんのお知り合いの方おふたりだったのですが、『独りの青』と『underblue』に、それぞれ森瀬ユウとコニシユカさんの2人分のサインを入れました。コニシさんは慣れた様子だったんですけど、わたしは人生初の出来事にテンパってしまい、「サインって何書けばいいんですか?名前ですか?」と尋ねた挙句、(「森」って上が木ふたつだっけ、下がふたつだったっけ……????)と、危うく木を4つ並べたジャングルのような新字を爆誕させるところでした。とてもいい経験をさせていただき、ありがとう御座いました。

 最後となりますが、今回の文フリ札幌で一番印象に残っているのが、並木陽さんと合同で出店されていたお友達の方に「もしかして、昨日おたる水族館に行っていたサケビクニンの方ですか!?TwitterのRTで見ました!」と言われたことです。はい、わたしが男子高校生とサケビクニンでお馴染みの森瀬ユウです。以後、お見知りおきを、よろしくお願い致します!!!!

 文フリ札幌終了後は、孤伏澤つたゐさんとパフェとお肉の会をしました。イベント参加に関することや小説を書くということから、家族や仕事についてなど、割と幅広いことを色々とお話させていただけてとてもよかったです。今度、ランボルギーニ注文しますね?
 勢いあまって、ずっと自分がしんどいと思っていた出来事を半泣きで吐露するという失態をおかし、今となっては(そんなこといきなり言われてもつたゐさん困るだけじゃん……本当に申し訳ない……!!)という気持ちでいっぱいなのですが、嫌な顔ひとつせずに話を聞いてくださり、その時のわたしはとても救われた思いがしました。つたゐさん、楽しくて有意義な時間を、本当にありがとう御座いました。


■3日目(7月10日)

 実は札幌滞在中はずっとコニシユカさんのお祖母さんの家にお邪魔させていただいていたのですが、3日となるこの日は半日ずっと、コニシさんとお互いの制作活動や作品について語り合っていました。(猫もずっと撫でていた!!!)1日目の夜と2日目の夜も午前2時近くまで話し込んでいて、一体何をそんなに話すことがあるんだよ、って感じなんですけど、話しても話しても話し足りないんですよねェ。彼女と話をするのは本当に楽しい。
 「これから」の話も色々とさせていただきました。『独りの青』を再版し、『underblue』を発表し、これで終わり、ではないとわたしは思っています。限りある時間の中で、この作品たちをひとりでも多くの人たちに向けて発信していきたいです。小説と音楽、表現方法も発表の舞台も全く異なる分野ではありますが、きっと、これからも彼女とは別々の場所で、けれども確かにつながった世界で、互いに呼吸をしていけると確信しています。

 2017年7月、札幌での最高の夏を、本当にありがとう御座いました。




 以下は余談となりますが。
 2015年の秋に発表した詩集『群想』の一番最後に収録した「星と傷と青」という詩の中で、わたしは以下のように書きました。


 知らないうちに随分と遠くまで来てしまったな。
 進んだらまた同じだけ戻らなければならないだろう。
 帰る場所など欲しくない。


 2016年5月に初めて文学フリマ東京に参加してから、10月のテキレボ・コミティア、11月文フリ東京、2月静マル、3月文フリ前橋と、立て続けにイベントに参加してきました。同じイベントに参加したのは文フリ東京くらいで、わたしには「ホーム」と言える場所はありません。しかし「帰る場所」もなく、ふらふらとひとりで漂っているのが自分の性には一番合っているなと、最近とみに感じています。

 そうしてもうひとつ。最近は「作品を評価されること」について、よく考えます。イベントに参加するようになって、嫌でも付きまとうようになった思考のひとつです。一体何をもって「作品が評価された」とすればいいのか。感想の数なのか、頒布数なのか。たとえそのどちらであったとしても、その基準でいえば、きっと、わたしの作品は評価されているとは言えない状態にあると思います。
 しかし、そもそも他者に作品を評価される必要なんてあるのだろうか?
 その答えを、わたしはこの1年の間にずっと探していたような気がします。



 果たしてここまで読んでくださっている方がいらっしゃるのか分かりませんが、森瀬ユウの今後のイベント参加予定は以下の通りです。

・2017.08.27 尼崎文学だらけ:ヨモツヘグイニナ様委託
  『BBHHH』、『独りの青』、『underblue』を委託させていただきます
・2017.11.03-05 zine展 in zeppu4:委託
  『とぎれない、いつか』、『aether』を委託させていただきます
・2017.11.23 第二十五回文学フリマ東京:直参(申込済)
  在庫のある本をすべて持ち込み予定です

 そしてTwitterではすでに言及しておりますが、11/23文フリ東京を最後に、サークル活動を終了いたします。その後のイベント参加予定は直参・委託共にありません。残り半年の活動となりますが、ご縁がありましたらよろしくお願い致します。
 また、在庫がある限りBOOTH(https://destructiveblue.booth.pm/)にて通販は行っておりますので、こちらもご利用いただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。