FC2ブログ
Top Page > 2017年03月
とぎれない、いつか : 通販  発行物一覧   音楽   表紙
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03.23 Thu

写真 2017-03-23 20 31 58

ひとつ、
ひとつ、過去になる今日を、明日を ぼくはいつまで愛していられるだろう。
スポンサーサイト
03.22 Wed



ぼくはいつか、忘れてしまうだろう。きみのことを忘れて、それでもぼくはしあわせになるだろう。



.
03.20 Mon

【お品書き】第一回文学フリマ前橋(3/26)

 3/26、前橋プラザ元気21にぎわいホールにて開催の第一回文学フリマ前橋に、オカワダアキナさんとの合同サークルで参加いたします。群馬県前橋市はかつて仕事で通ったことのある因縁の地でもあるので、こうして北関東初の文学フリマが前橋で開催されることにとてもわくわくしています。新刊の『夜空のある街』は群馬県が舞台です。
 参加される皆さま、よろしくお願い致します!お気軽にお立ち寄りいただければ幸いです。

サークル名:とぎれない、ザネリ
ブースNo:ア-14
Webカタログ:https://c.bunfree.net/c/maebashi01/!/%E3%82%A2/14

 お品書きは以下の通りです。(クリックで大きい画像をご覧いただけます)

おしながきポスター前橋森瀬



■新刊

01:作品集『夜空のある街』【男子高校生|日常|3人組】 → 詳細+本文サンプル

yozora_sample.jpg

 幼馴染の悠人と夏生。高校1年生の時に初めて同じクラスになった要と悠人。悠人を通じて出会った夏生と要。群馬県にある架空の高校に通う男子高校生3人の日常を描いた書下ろしの短編小説3編と、300字SS企画の散文6編を組み合わせた連作集。

 「ふたり」という森瀬文学の主たるテーマはそのままに、今回は「3人組のふたり」をコンセプトにした物語を書いてみました。どういう意味だろう、と疑問に思った方は、ぜひ、お手に取って実際に物語に触れていただければ幸いです。きっと意味が分かると思います。男子高校生3人の今と未来と未来をお楽しみください!

 また、巻末にコニシユカさんにお寄せいただいた作品解説を掲載しております。かなり深く作品を読みこんでくださっておりますので、必見です!

■既刊

ブログ用既刊画像

01:『aether』 【読切短編集|現代|日常|高校生】
    → 詳細+本文サンプル

 歩行者が落とした鍵を拾った高校生、近所に引っ越してきた陰気な少年、同じバイト先で働く先輩後輩……。人と人の間に横たわる距離感、その空白を「エーテル」にたとえ、高校生を中心に様々な「ふたり」という関係性に焦点を当てた短編作品集。

 全10編、382ページという厚みですが、読切の短編小説をガッツリ楽しみたい方にはオススメです!


02:『BBHHH』 【長編小説|現代|シリアス|兄弟|家族】
    → 詳細+本文サンプル

 生まれつき右目が欠い兄の神無。デザイナーチャイルドとして生まれ、美しい顔をした弟の晶馬。晶馬には、毎晩兄の神無が就寝した後に彼の携帯電話を覗くという少し変わった日課があった。誰よりも兄のことを慕う晶馬が抱えるその「秘密」とは。
 似てない兄弟を中心に、「家族」の在り方と愛情を描いた物語。

 重いテーマの作品ではありますが、かなりの自信作となっております。水槽の底にいるような、硬質で重厚な世界観をお楽しみいただけると思います。物語が進むにつれて、徐々に明らかになっていく兄弟の心を目の当たりにしていただければ幸いです。


■無料配布

01:『会う時はいつも夜の下』 【短編小説|現代|日常】
    → 詳細+本文サンプル

 僕がおじさんについて知っている幾ばくかのこと。

 甥と叔父のささやかな交流を描いた書下ろし短編小説1編と、サークル:とぎれない、いつかの発行物一覧&冒頭抜粋を掲載したお試し小冊子です。



 それでは皆さま、3/26に前橋でお会いしましょう!
03.05 Sun

【お品書き】第5回Text-Revolutions(4/1)


 4/1、東京都立産業貿易センター台東館にて開催の第5回Text-Revolutionsにサークル参加するオカワダアキナさんのスペースに、本を委託させていただけることになりました。オカワダさんのご厚意に感謝です、ありがとう御座います!
テキレボ初売りとなる2017年の新刊、無料配布冊子もご用意しておりますので、お気軽にお立ち寄りいただければ幸いです!

サークル名:ザネリ
ブースNo:D-10
Webカタログ:https://plag.me/c/textrevo05/4F/D/10

 お品書きは以下の通りです。(クリックで大きい画像をご覧いただけます)

おしながき_全体


■新刊

01:作品集『夜空のある街』【男子高校生|日常|3人組】 → 詳細+本文サンプル

yozora_sample.jpg

 幼馴染の悠人と夏生。高校1年生の時に初めて同じクラスになった要と悠人。悠人を通じて出会った夏生と要。群馬県にある架空の高校に通う男子高校生3人の日常を描いた書下ろしの短編小説3編と、300字SS企画の散文6編を組み合わせた連作集。

 「ふたり」という森瀬文学の主たるテーマはそのままに、今回は「3人組のふたり」をコンセプトにした物語を書いてみました。どういう意味だろう、と疑問に思った方は、ぜひ、お手に取って実際に物語に触れていただければ幸いです。きっと意味が分かると思います。
 初めての方にも読みやすい分量の作品集です。また、こちらの作品で疑似家族ナビに参加させていただいております。男子高校生3人の今と未来と未来をお楽しみください!

 また、巻末にコニシユカさんにお寄せいただいた作品解説を掲載しております。かなり深く作品を読みこんでくださっておりますので、必見です!

■既刊

ブログ用既刊画像

01:『aether』 【読切短編集|現代|日常|高校生】
    → 詳細+本文サンプル

 歩行者が落とした鍵を拾った高校生、近所に引っ越してきた陰気な少年、同じバイト先で働く先輩後輩……。人と人の間に横たわる距離感、その空白を「エーテル」にたとえ、高校生を中心に様々な「ふたり」という関係性に焦点を当てた短編作品集。

 全10編、382ページという厚みですが、読切の短編小説をガッツリ楽しみたい方にはオススメです!この作品に収録された「星の見えない望遠鏡」という作品で、テキレボ宇宙遊泳MAPに参加させていただいております。同級生の男子高校生ふたりと一緒に夏の夜空を眺めてみませんか。


02:『BBHHH』 【長編小説|現代|シリアス|兄弟|家族】
    → 詳細+本文サンプル

 生まれつき右目が欠い兄の神無。デザイナーチャイルドとして生まれ、美しい顔をした弟の晶馬。晶馬には、毎晩兄の神無が就寝した後に彼の携帯電話を覗くという少し変わった日課があった。誰よりも兄のことを慕う晶馬が抱えるその「秘密」とは。
 似てない兄弟を中心に、「家族」の在り方と愛情を描いた物語。

 重いテーマの作品ではありますが、かなりの自信作となっております。水槽の底にいるような、硬質で重厚な世界観をお楽しみいただけると思います。物語が進むにつれて、徐々に明らかになっていく兄弟の心を目の当たりにしていただければ幸いです。


■無料配布&ポスカラリー

ブログ用無料配布

01:『会う時はいつも夜の下』 【短編小説|現代|日常】
    → 詳細+本文サンプル

 僕がおじさんについて知っている幾ばくかのこと。

 甥と叔父のささやかな交流を描いた書下ろし短編小説1編と、サークル:とぎれない、いつかの発行物一覧&冒頭抜粋を掲載したお試し小冊子です。こちらの作品でおじコレに参加させていただいております。「スマおじ」ことスマートなおじさんを書かせていただきました。遠慮なくお持ち帰りいただけると嬉しいです!

02:『行方不明の春』 【ポストカード】    → Webカタログ

 てきれぼ300字SSポストカードラリー参加作品です。テーマは「桜」。春、桜、という明るいイメージから離れた切なめのお話となっておりますが、かなりお気に入りでもあります。
 こちらは【F-01】の企画ブースにて委託頒布をさせていただきます。たくさん刷りましたので、遠慮なくひょいっと持って帰ってやってくださいませ!
 300字SSラリーについてはコチラ→http://300.siestaweb.net/

■他

01.Twitter300字ss the best Vol.1    → Webカタログ

 【F-01】のてきれぼ300字SSポストカードラリー本部で頒布される、本家Twitter300字ss企画の紹介冊子です。初参加時の「流星群」を掲載していただいております。


 以上となります。

 サークル参加はしませんが、わたし自身は【F-01】てきれぼ300字SSポストカードラリー本部で終日お手伝いをさせていただく予定です。ぜひぜひ、皆さんポスカを10枚集めてくじを引きにきてくださいね!(宣伝)

 それでは皆さま、4月は東京浅草でお会いしましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。