FC2ブログ
Top Page > 2017年02月
とぎれない、いつか : 通販  発行物一覧   音楽   表紙
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02.14 Tue

静マルお疲れ様でした


 2/12にコミュニティホール七間町MIRAIEリアンで開催された第1回静岡文学マルシェに【とぎれない、いつか|か-04】でサークル参加してきました。お立ち寄りくださった皆さま、本をお手に取ってくださった皆さま、ありがとう御座いました!

 以下、イベントレポ……という名の静岡旅行記となります。無駄に長いです。
スポンサーサイト
02.11 Sat

fc2blog_20170211010015721.jpg

何処へも行けなければよかった
ぼくの前に道標はない
何処へも行けるという不自由に
ぼくまだここから一歩も動けないでいる。


02.07 Tue

hydrolab2制作中止のお知らせ


 次回作としてモリセユウ名義で進めていた共同制作、hydrolab2こと「CAX」の制作中止が決定致しました。

 長らく水面下で制作をしており、まだ殆ど情報を発信していなかったため、CAXの存在すらご存知ではない方のほうが多いかと思いますが、ご報告させていただきます。一部のイベントで頒布していたフライヤーやペーパーをお手に取ってくださった皆さま、ありがとう御座いました。このような結果になってしまったこと、大変不甲斐なく感じております。しかし今の自分たちと未来の自分たちにとって、最善の選択をしたつもりです。ご理解いただければ幸いです。

 引き続き2017年は森瀬ユウ名義でのんびり制作活動を続けてまいります。何処かでご縁がありましたら、作品に触れていただけると嬉しいです。今後とも何卒よろしくお願い致します。

 2017.02.07 森瀬ユウ/モリセユウ
02.04 Sat

【散文】溶かしたい眼差し


 頬杖を突いて隣りの横顔を眺めていた。尖った鼻筋、痩せた頬。隣りの席になってからすでに半月が経過しているが、僕は一度も彼が笑っている姿を見たことがない。
(……どんな時、どんな風に笑って見せるんだろう)
 間も無く期末試験がやってくる。しかし最近の僕の議題はもっぱらこれだった。彼が笑った顔を見てみたい。薄い唇は今も真一文字に結ばれていて、切れ長の瞳は真っ直ぐ黒板の数列を追いかけている。
「こら、そこ、余所見をするんじゃない!」
 教員の叱責で教室中の瞳が僕に集まる。しかし彼の視線は机に置かれた教科書の上、決して僕のほうを見ようとはしていない。冷たい横顔の向こう側、強い北風が音を立てて窓硝子を鳴らしている。



Twitter300字ss企画より 第二十九回お題「氷」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。