FC2ブログ
Top Page > 2016年11月
とぎれない、いつか : 通販  発行物一覧   音楽   表紙
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11.26 Sat

【掌編】葉脈標本


 パチン、パチン、という鋏が奏でる小気味良い音が、人気のない校舎に響き渡っている。暖房器具のない、寒々とした廊下の流し台。その一番端の蛇口の前で、ひとつの人影が白と黄色の花束に鋏を入れていた。冬菊だろうか。吐き出された息が白く濁っているのが見える。こんな朝早くに登校してきているのは、いつも彼くらいのものだ。
 白く骨張った指先が、錆びた金属の鋏を滑らかに、まるで生き物であるかのごとく動かしている。
 おはよう。真剣な横顔に声を掛けると、彼はゆっくりと顔を上げてこちらを見てきた。途端に薄い唇が緩い弧の形を描く。
「おはよう。何だか久しぶりに顔を見たような気がする」
 華奢な身体つきによく似合う、囁くように小さな声。忌引きであったことを伝えると、「そう、大変だったね」と一言、君は伏し目がちになって再び鋏を動かし始めた。詳しくを尋ねてくることはない。口元に浮かべた微笑みをそのままに、けれども奥二重の瞳はじっと、手元の一点を見つめている。彼は母親が病気で長く入院生活を送っているのだと、風の噂で聞いたことがあった。
 一際大きな音がして、白い小菊の首が排水溝の上に落下した。
 彼が所属しているクラスの担任は、生物の教員だ。植物が大好きで、教室の中には常に何かしらの花が飾られているのだという。園芸委員。同じように花をこよなく愛する彼がそう呼ばれるようになったのも、決して理解に難しいことではない。
 見ると、流し台にはいくつもの花と葉が散乱していた。その殆どがすでに枯れかけているものだ。彼が右の指先を動かすその度に、茶色に染まった花弁や葉が落下して、左の手のひらには鮮やかな白と黄色の小菊が残される。
 高校2年生、1度きりのクラスメイト。席替えで隣りの席になったのは、たった1ヶ月間だけのことだった。それでも何処か寂しそうな横顔と、シャープペンシルを滑らかに動かす白くて細い指先が、僕の中にひとつの種を忍ばせた。
 咲いている花がより元気で長持ちするように、と。鋏を扱う指先から、ひとつふたつと終わりかけた命が失われ、そうして他の命が永らえていく。彼が僕の心臓に張り巡らせた葉脈は、未だに衰えを知ることなく僕の心を活かし続ける。同じ朝の空気を吸うためだけに早起きをし、廊下ですれ違う度にその横顔を追いかけていた。僕の心は一体、何を宿しているというのだろう。
 彼の左手に握られた、白と黄色の小菊の花束。同じ根、同じ道管と師管を共有した花であるにも関わらず、枯れているものもあればまだ蕾のものもある。
 パチン、パチン、と。
 小さく痛む心を置き去りにして選別をする。花が死ぬのも人が死ぬのもおんなじだ。錆びた金属の鋏で枯れた小菊の首を落としながら、僕たちはいつかの日のための練習をする。
 僕は流し台の上、朽ちたたくさんの命を頭の中に刻み込む。まるで、彼の痛みだけを集めた標本のように。
 足元に置かれていた白い陶器の花瓶に、彼が両手で冬菊の花を生け始める。そうして微かに笑みの形に歪んだ口元から発される、音のない泣き声を確かに僕は聞いた。





季刊ヘキTwitter企画より 第2回お題「指先からの芽生え」


スポンサーサイト
11.26 Sat

文フリお疲れ様でした


 11/23に東京流通センターで開催された第二十三回文学フリマ東京に【とぎれない、いつか|C-42】でサークル参加してきました。お立ち寄りくださった皆さま、お喋りしてくださった皆さま、ありがとう御座いました。

 以下、レポという名の簡単な日記となります。
11.20 Sun

本の仕様一覧@11/23文学フリマ東京

新刊①『BBHHH』
サイズ:文庫判(A6)
表紙用紙:キュリアスIR_パール_146K
カバー用紙:キュリアスIR_パール_103K
箔押し:ウォーターセレクト(透明)
本文用紙:淡クリームキンマリ_70K
遊び紙:新・星物語_クロウ_110K
印刷所:STARBOOKS

新刊②『默想』
サイズ:A5変形(正方形)
表紙用紙:タント_N-8_180K
本文用紙:オペラホワイトウルトラ_80K
遊び紙:ポルカレイド_メレンゲ_90K
印刷所: STARBOOKS

既刊①『aether』
サイズ:文庫判(A6)
表紙用紙:OKスーパーポスト_220K
カバー用紙:キュリアスIR_パール_103K
箔押し:銀
本文用紙:淡クリームキンマリ_70K
遊び紙:キュリアスメタル_インク_84K
印刷所: STARBOOKS

既刊②『空と月と僕と』
サイズ:文庫判(A6)
表紙用紙:新・星物語_マーガレット_180K
カバー用紙:キュリアスIR_ホワイト_103K
箔押し:HK038(透明)
本文用紙:淡クリームキンマリ_70K
帯用紙:ニューエイジ_135K
遊び紙:てまり_水黄_90K
印刷所: STARBOOKS

既刊③『日日是好日』
サイズ:文庫判(A6)
表紙用紙:レザック80ツムギ_うすずみ_170K
表紙:フランス製本
箔押し:パール
本文用紙:淡クリームキンマリ_70K
遊び紙:里紙_しだ_100K
印刷所: STARBOOKS

既刊④『独りの青』
サイズ:文庫判(A6)
表紙用紙:新シェルリンN_プレーン_180K
カバー用紙:ニューエイジ_135K
箔押し:HK-MP08(シルバー)
本文用紙:淡クリームキンマリ_70K
遊び紙:色上質_ブルー_厚口
印刷所: STARBOOKS

既刊⑤『satellite-YUE』
サイズ:A5判
表紙用紙:メタルペーパー165Kシルバー
表紙加工:ホログラムPP(星)+デボス加工
本文用紙:白上質紙90kg
遊び紙:ミランダあい
印刷所:Print-ON

Webカタログ:https://c.bunfree.net/c/tokyo23/1F/C/42
11.19 Sat

【掌編】誰も知らない


 吉野家で牛丼に七味唐辛子を振っていると、見覚えのある顔に声を掛けられた。
「うわ、久しぶりだな。高校の卒業式以来じゃないか? 10年ぶり?」
「え、何、お前この近くに住んでんの? あ、牛丼並盛、つゆだくで!」
 言いながら、彼は勝手に正面のテーブル席に腰を下ろした。
「先週末に引っ越してきたばかり。転職してさ」
「あぁ、なるほど。何やってんの?」
「税理士」
「あー、そういえば経済学部行ったんだっけ」
「そう。お前は?」
「吸血鬼」
「は?」
「だから、吸血鬼。あ、ありがとう御座います。いただきまーす」
 彼はとんでもないことをさらりと告白してから、何事もなかったかのように用意された牛丼に箸をつけ始める。
「……ゲームの話? そういえばお前、バイオハザード好きだったもんな」
「それはゾンビ。うん、美味い」
「ニートもしくはヒモ、ってことでいいか?」
「そうじゃなくて。お前、献血したことあるか?」
「何だよ急に。したことないけど」
「献血って、やる前に血液検査があるんだよね。献血に耐えうる血色素量があるかを確認しなくちゃいけなくて」
「うん、それは知ってる」
「その血液検査をするのが俺の仕事。毎日何十人もの人から血を抜いてる」
 なるほど、それで「吸血鬼」ということか。つまりは看護師の資格を持っているということなのだろう。彼が何の大学に進学したのか、全く覚えていなかった。そのことにほんの少しの後ろめたさを覚える。高校生の時は毎日のように顔を突き合わせて一緒にお弁当を食べ、休日ともなればゲームセンターやカラオケに行って遊んでいた。卒業して別々の大学に進学しても、友人であるという事実は何も変わらないのだと思っていた。
 その存在を思い出さなくなったのは、一体いつ頃からだっただろう。
「吸血鬼も大変だよ。人によって、血管の位置も太さも全然違うから。今みたいに寒い季節だと、血管も収縮して細くなっちゃってさァ。でも何回も刺し直しするわけにもいかないし。ホント、生きてる人間の身体って難しい」
「そういえば俺も健康診断で採血する度に「あなたの血管はやりにくい」って言われるな。最高4回刺し直しされたことあるぞ」
「マジかよ。お前難易度高いんだな。今度練習させてよ」
「残念ながら吸血鬼の人体実験には協力いたしかねます」
 冗談交じりに笑って見せると、彼も牛丼を食べる手を止めて笑い声を上げる。その笑顔に10年前の日々が重なった。
 しかし次の瞬間には年相応の社会人の顔を覗かせる。
「でも、冗談じゃなく献血には来てよ。冬は献血する人が減るんだよね。困る」
 息を抜くところはしっかりと抜く、けれども抜いてはいけないところでは誰よりも真剣に物事に取り組むことが出来る。彼のそんなバランスの良さを心地いいと思っていた。そしてそれは今でも変わることはない。そのことに何故だか酷く安心をする。
「じゃぁ次の休みの日にでも行くわ。場所、教えてよ」
「分かった。献血センターのアドレス送る。ライン教えて?」
「ちょっと待ってて」
 ポケットの中からスマートフォンを取り出して、ラインのアカウントを交換し合う。そうして目的のアドレスを探しているのか、スマートフォンを弄り始めた彼の口からこぼれ落ちてくる言葉。
「あー、でも、やっぱ嫌だな、お前の血。なんか、飲んだら辛そうだもん」
 ちらりとこちらに向けられた彼の視線は、七味唐辛子が山ほど掛けられた牛丼を見ていた。そういえば彼は高校生の時から辛いものが苦手であった。それにしても、一体いつまで吸血鬼ネタを引っ張るつもりでいるのだろう。いい加減にうんざりとしてきたが、彼がそのつもりならこちらにも考えがある。
「んなわけねぇだろ。……でも、まぁ、」
 そう言って勿体ぶるようにして言葉を止めると、彼はスマートフォンから顔を上げて真っ直ぐにこちらを見てきた。

「試してみるか?」





季刊ヘキTwitter企画より 第1回お題「吸血鬼」


<
11.15 Tue

【散文】星月夜の昼下がり


 隣りを歩いていた君が、1枚のポスターの前で足を止めた。
「俺、この絵、好きなんだ」
「ゴッホ?」
 確か星月夜というタイトルだ。絵画に疎い僕でも知っている。
「俺もこんな夜空を見てみたい」
 しかし執着にも似た濃厚さで描き出された夜の光は、僕の目には薄気味悪く映る。何よりこんな明るい夜空は夜空じゃない。
「……絵画の中でくらい、眩しい夜を見たって罰は当たらないだろ」
 小さく呟いた君の言葉が、まるで石ころのように地面の上に転がった。君の中にもあればいい。夜闇の中に光を見つけられる場所。その時誰が、君の隣りにはいるのだろうか。
 ポスターに記載された展覧会の日付をメモして、僕たちは午後の授業へと足を急がせた。



Twitter300字ss企画より 第二十七回お題「絵」


11.12 Sat

【散文】黒いキャンバス


 コツ、コツ、と。
 あなたが白いチョークを叩く黒板の向こうに、様々な景色が広がっていくのが見える。それは時に青い空に一筋だけ棚引く飛行機雲であったり、時に星ひとつ見えない曇った夜空であったり、時に心音のように静かな波が打ち寄せてくる朝の浜辺であったりする。
 ぼくは机の上に頬杖を突いて、遠く、あなたの心を眺める。
 ナ行変格活用。試験管の中に入れた次亜塩素酸カルシウム。デネブとベガとアルタイルの探し方。日本初の民間飛行機工場も、I,My,Me,Mineもぼくにとってはどうでもいい。
「微分の微という漢字には、数学でよく使うπの記号が入っているんですよ。凄いでしょう?」
 冗談なのか、本気なのかよく分からないあなたの言葉に、笑う生徒は誰もいない。そのことに、ぼくはこっそりと胸を撫で下ろす。
「この公式は、昨日出てきた数式を変形して導き出されます。ちゃんと見ていてくださいね」
 コツ、コツ、と。
 白いチョークが数式を書き出す黒板の上に、あなたの世界が広がっていく。
「どうですか、美しいでしょう」
 ただの数字と記号の羅列を、まるで花を愛でるように美しいと口にする。清潔感のある黒い髪。神経質そうな、細い銀縁の眼鏡。年齢不詳の変人と、生徒たちの間で囁かれていることを、あなたはきっと知らないだろう。けれどもぼくはとても美しいと思う。あなたが黒板に上に描き出す、一切の歪みがない数式も、決してぼくを見ない真剣な眼差しも、
 あなたはきっと知らないだろう。たったひとつの正しい答えを導き出すことだけが、ぼくたちにとっての正解ではない。
 あなたを通じて目にしたたくさんの風景。暮れなずむ街の夕焼けと、夜空で輝くカシオペア、霧がかる真っ白な山の頂を目蓋の裏に焼き付けて、今日もぼくは声を出さずにあなたの背中に呼びかける。
(    、) 
 気付かれなくて構わない。どうかあなたはひとり、これからも教卓の前で新しい世界を導き出していて欲しい。



季刊ヘキTwitter企画より お題「せんせ、」


11.09 Wed

【お品書き】第23回文学フリマ東京(11/23)


 11/23開催の第23回文学フリマ東京にサークル参加します。年内のイベントはこちらが最後になっておりますので、よろしくお願い致します!

サークル名:とぎれない、いつか
ブースNo:C-42
Webカタログ:https://c.bunfree.net/c/tokyo23/1F/C/42

頒布物は以下の通りです。

■新刊

01:長編小説『BBHHH』【現代|シリアス|兄弟|家族】 → 詳細+本文サンプル

image

 生まれつき右目が欠い兄の神無。デザイナーチャイルドとして生まれ、美しい顔をした弟の晶馬。似てない兄弟を中心とした、「家族」の物語。

 協同制作ユニット:hydrolabの作品第一弾。家族の在り方や死についてなど、重いテーマを扱ったシリアス作品となっておりますが、今、一番読んでいただきたいおすすめ&自信の作品です。

02:詩集『默想』  → 詳細+本文サンプル

image

 2015年後半~2016年前半にかけて公開していた散文群に、書き下ろし数編を加えた全25編の詩集。

 遺書です。

■既刊

image

01:『aether』 【読切短編集|現代|日常|高校生】
    → 詳細+本文サンプル
02:『独りの青』 【オムニバス|男子高校生|シリアス|共犯者】
    → 詳細+本文サンプル
03:『日日是好日』 【短編連作集|男子高校生|茶道部&剣道部】
    → 詳細+本文サンプル
04:『空と月と僕と』 【短編連作集|男子高校生|日常|幼馴染】
    → 詳細+本文サンプル
05:『satellite-YUE』 【小説+漫画|男子高校生|不良&優等生|先輩&後輩】
    → 詳細+本文サンプル

■てきれぼ300字SSポストカードラリー(委託)

image

300字SS企画についてはコチラ

 第3回セットをお預かり致します。約40枚のセットが無料です!お隣りのC-43:博物館リュボーフィ様と併せて10セットの限定頒布となっております。お気軽にお持ち帰りいただければ幸いです。


■即興小説

 別名:文字スケブ。お題をいだだければその場でポストカードに即興で散文・掌編を執筆致します。
 詳しくは以下のツイートで。


■通販

 新刊+既刊7種はイベント終了後にBOOTHにて通販を開始する予定となっております。イベントに来られない方は是非ご利用いただければ幸いです!通販開始の際にはTwitter等でお知らせいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。