FC2ブログ
Top Page > 雑記
とぎれない、いつか : 通販  発行物一覧   音楽   表紙
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11.24 Fri

文フリ東京ありがとう御座いました|サークル活動終了のご挨拶


 11/23に東京流通センターで開催された第二十五回文学フリマ東京に【とぎれない、いつか|C-19】で参加してきました。お立ち寄りくださった皆さま、本をお手に取ってくださった皆さま、ありがとう御座いました!

 以下、文フリ東京のレポとなります。また、今回の文フリ東京をもって、当サークルは活動を終了いたします。そのご挨拶も併せてさせていただいております。長く拙い文章ではありますが、お目通しいただければ幸いです。
スポンサーサイト
11.15 Wed

zine展inBeppu4参加レポ


 11/3-5に大分県別府の旧ムラヤ青果店さんで開催されたzine展inBeppu4に参加いたしました。
 事前準備からアフターレポートまで主催のこんぺき出版様には大変丁寧に対応していただき、誠にありがとう御座いました。

 zine展inBeppuというイベントは通常の同人誌即売会とは異なり、委託オンリーのイベントです。全国の出展者さんから集まったzineをひとつのお店の中に陳列し、展示販売するというスタイルになっています。公式ツイッター様が画像を上げてくださっているので、それを見ていただければ会場のイメージは掴めるかと思います。

 zineの定義は「一般流通に乗らない個人の手によってつくられた本のこと」(公式サイトより)。自分の作品をzineとして扱っていいものか、疑問がなかったといえば嘘になります。どうしてもzineというと手製本のイメージが強かったのです。しかし昨年開催された様子や参加者様のレポートを拝見していて、「本をどう売るか/どう人の手に届けるか」ということに真摯に取り組まれているイメージが強く、そこに自分も飛び込んでみたいという思いで参加を決めました。

 お預かりいただいた本は短編集が2種類。『とぎれない、いつか』と『aether』です。加えて無料配布のフライヤーとしてサークルの頒布物一覧を作成しました。使用の有無は自由なのですが、POPはテンプレートをご用意いただけたのでありがたかったです。
 拙著はこのように陳列していただきました。(撮影してくださった鹿紙さん、ありがとう御座いました!)
 仕事の都合で当日会場に遊びに行くことはできなかったのですが、主催様や会場に遊びに行かれている方のツイッターなどから当日の様子が窺えて大変良かったです。いつかわたしも温泉に入りがてら現地に足を運んでみたいです。

 わたしはイベントに直接参加される方のブースに本を置かせていただくことは過去に何度かあったのですが、こうして本部委託をするのは初めての経験でした。そのため委託で一体どれくらい本が売れるものなのか、自分は一体何冊納品したらいいのか。さっぱり見当がつかず、委託経験のある方や昨年zine展に参加された方に不躾ながらも色々と相談させていただき、納品数を決めました。1日でどちらかが1冊、3日で合計3冊売れればじゅうぶんなのでは?むしろ1冊も売れない可能性もあるな……という思いで、最初は5冊ずつの納品にするつもりでした。しかし「もっと攻めても大丈夫だよ!」というお言葉をいただき、自分の中ではとても攻めた数を納品したつもりです。結果、商品消化率は64%。自分が思っていた以上の方に拙作を手に取っていただけたようで、とても嬉しかったです。ありがとう御座いました。ちなみにこのイベントの醍醐味は書店における本と人との出会いだと思っているので、ツイッター上での宣伝を意図的にあまりしないようにしていました。

 個人的にとてもビックリしたのは、作者のイチオシの1冊として設定していた『とぎれない、いつか』(500円172頁)よりも、『aether』のほうがたくさん売れたということです。『aether』は800円382頁という文庫本にしては高価格かつ分厚い作品なので、初めましての方は手を出しにくいと思っていました。わたしの本はパッと目を引くような派手さも特徴もありませんし、あらすじを書き出してみても地味な内容の作品ばかりです。それでも何かをお気に掛けて手に取ってくださる方がいるという事実は、とても励みになりました。本当にありがとう御座いました。また、本と読者の間にご縁を結んでくださった主催様にも大変感謝しております。

 zine展は売上報告と一緒にイベントの全体的なことや売れた本の傾向などを分析したアフターレポートをいただくことができます。色々と参考や反省材料にできる部分も多く、非常に充実したレポートで、主催様には頭が下がるばかりです。また、全体的な売り上げを見ながら配置を換えたり、ジャンル分けを整えたりという作業もされているらしく、主催様の「本を売りたい」という姿勢が伝わってきたことがとても嬉しかったです。

 最後に、これはとてもとても個人的な感覚なのですが、わたしはイベントにおいて対面で本を頒布するのが苦手です。サークル参加者としてブースの中にいる時、どんな顔をしてお客さんと接したらいいのかよく分かりません。(もちろんお客さんが来てくださることはとても嬉しいです!)一般参加者として本を買いに行く時も、目の前に本の作者様や関係者様がいると思うとじっくり本を選ぶことができません。話し掛けられた瞬間に逃げてしまうこともたくさんあります。もちろん作者間や作者と読者間の交流を求めている人にとっては、対面で本を頒布できる同人誌即売会はいい機会なのでしょう。しかしわたしは既述の通り人と関わることがとても苦手なので、zine展のように、書店スタイルで本を求める人が本をじっくり選ぶことが出来るイベントがあるというのはとてもありがたいことだと思いますし、このようなスタイルのイベントがもっと増えたらいいのになとも思います。もちろん準備からアフターケアまで細かい対応が求められるため、主催様の手間や負担は並大抵のことではないと思います。それでもzine展inBeppuは今後も長く続いて欲しいイベントだなというのが個人的な感想でした。

 主催のこんぺき出版様、スタッフ様そして会場やお買い物代行サービスで拙著を手に取ってくださった皆さま、本当にありがとう御座いました。zine展inBeppu、参加できてよかったです。
07.12 Wed

2017年7月、札幌の夏|『独りの青』と『underblue』について


 突然ですが、森瀬ユウの既刊のひとつに『独りの青』という作品があります。ちょうど4年前の7月に発表をした、中編1編+掌編3編のミステリ風のオムニバス小説です。

 当時、サークル活動をしておらず、イベントにも参加していなかったわたしは、個人サイトを通じて知り合ったごく僅かな友人・知人のうち、興味を持ってくださった方にのみお譲りするという形で、制作した本を頒布していました。その時にこの『独りの青』を真っ先に手に取ってくださったのが、今では十年来の友人となったコニシユカさんでした。彼女は当時から札幌を拠点とし、作詞・作曲・編曲等の音楽活動を行っていました。また、今年の2月に発表した作品集『夜空のある街』に、観察眼鋭い解説をお寄せくださった方でもあります。
 コニシさんに本を送ってから数日後、ひとつの音楽データがわたしの手元に届きました。「missing blue」と題されたそれは、彼女が『独りの青』を読んで降ってきたという鍵盤の音が記された、ワンコーラスのピアノ曲でした。とある登場人物の心情に寄り添って歌われたその詞と旋律は哀しくもとても美しいもので、わたしは柄にもなくひとりで大泣きしたことを今でもよく覚えています。

 それから3年半の月日が経った2016年12月の中旬、東京での初ワンマンライブを終えたばかりのコニシユカさんから、「4周年となる来年の7月を目途に、『独りの青』のイメージアルバムを作らせて欲しい」という打診を頂戴しました。特に断る理由のないわたしは嬉しさに舞い上がり、ふたつ返事で彼女の提案を受け入れました。しかしその時『独りの青』は在庫切れによる絶版状態となっていました。そしてその打診の数日前にわたしの手元にあった最後の1冊を手にしていたのが、奇しくもコニシさん本人だったのです。『独りの青』という作品をこの世で最初に手に入れたのが彼女で、最後に手に取ったのも彼女であるならば、きっとそれがこの本の運命だったのだろう、と。イベント参加をするにあたって一度増刷していたということもあり、わたしは当時、『独りの青』という本を再版することにあまり積極的ではありませんでした。

 その考えが覆ったのが2017年2月の上旬。旅先に向かう新幹線の中でたまたま眺めていたTwitterのTLで、第二回文学フリマ札幌が2017年7月9日に開催され、その出店者募集が間もなく始まることを知りました。文フリ札幌の開催自体は随分と前から告知されていましたが、自分には縁のないものとしてそれまで全く意識をしていませんでした。しかしその時はどうしたわけか天啓に導かれたような衝撃を受けて、すぐにコニシユカさんに連絡を取りました。

 7月9日に札幌で文学フリマが開催される。7月にイメージアルバムを出すのなら、一緒にこの文学フリマに参加しないか。そこでわたしは『独りの青』を再版するから。と。

 すぐに彼女から快諾の返信が届きました。さらにその日のうちに、文フリ札幌の前日となる7月8日にイメージアルバムのレコ発ワンマンライブが開催されることが決定しました。
 こうして、わたしと彼女は約半年後となるレコ発ワンマンと文フリ札幌に向けて、それぞれ水面下で準備を始めることとなったのです。

 前置きが非常に長くなりましたが、以上のような経緯で、わたしは2017年7月の3日間を札幌の夏に捧げてきました。
 以下、文フリ札幌のレポを含めた7/8-7/10の旅行記となります。
04.03 Mon

4/1テキレボお疲れ様でした!


 4/1に東京浅草で開催された第5回Text-Revolutionsに参加してきました。今回は本はオカワダアキナさんの【ザネリ】様のスペースに委託させていただき、わたし自身はてきれぼ300字企画さんのスタッフとして当日の運営に携わらせていただきました。

 以下、テキレボに関するレポとなります。300字企画そのもののしっかりとしたレポは主催者様が書いてくださるはずですので、わたし自身のレポはざっくりと日記的な感じとなっております。

02.14 Tue

静マルお疲れ様でした


 2/12にコミュニティホール七間町MIRAIEリアンで開催された第1回静岡文学マルシェに【とぎれない、いつか|か-04】でサークル参加してきました。お立ち寄りくださった皆さま、本をお手に取ってくださった皆さま、ありがとう御座いました!

 以下、イベントレポ……という名の静岡旅行記となります。無駄に長いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。